胃の消化吸収を高める「豆腐料理」

胃の消化吸収を高める「豆腐料理」

ここでは胃の消化吸収を高めて、栄養をしっかり体に吸収するための「豆腐料理」を紹介します。

冷奴

豆腐は醤油をかけて生で食べるのが美味!本物のうまい豆腐は、何も付けずにそのままでも美味しいと言われてますが、豆腐の代表的な食べ方は醤油をたらし「冷奴」で食べるのがおすすめです!

煮豆腐

おでんや味噌汁、鍋物に入れて煮豆腐として食べるのも美味です。肉豆腐など豆腐料理は煮て食べるものが多いですが、中でも、油揚げや生揚げ、がんもどきなどは「煮物」の代表ともいえます。

焼豆腐

豆腐に焼き色を付けて、味噌だれを付けて食べるのはまさに絶品です。木の芽をのせて食べる「木の芽田楽」郷土料理としても有名ですが、昨今ではあまり見かけなくなりました。最近のレシピでは、生姜の厚揚げ焼き、豆腐グラタンといった間接的にオーブンで焼く料理が人気です。

鍋に入れる

豆腐の最も代表的な食べ方は「湯豆腐」ですが、鍋物には豆腐は定番の食材でしょう!鍋用の豆腐食材はスーパーでも良く見かけます。

揚げ豆腐

油で揚げた豆腐料理には「油揚げ、生揚げ、がんもどき」が有名です。豆腐は揚げても本当に美味しくいただける万能食材です。本場中国料理では揚げだし豆腐として調理されることが多いです。

クックパッドで人気の豆腐料理

クックパッドで特に人気の高い豆腐料理は「冷奴~しば漬け×麺つゆワサビ~」です。やはり豆腐は生で頂くのが絶品♪

画像出典:https://cookpad.com/recipe/2829875

つくり方はいたってカンタン!

材料

豆腐:200~300g
しば漬け:適量
★めんつゆ:大さじ1~
★わさびチューブ:適量

調理方法

【ステップ1】
★を混ぜ合わせてタレを作る。

【ステップ2】
豆腐に1のタレを回しがけ、しば漬けをそえたら出来上がり。

え、これだけ?と思われるかもしれませんが、本当に絶品です。ぜひ皆さんもご賞味あれ。

朝食の一品には「絹ごし豆腐の生姜あんかけ」

画像出典:img.cpcdn.com

材料

絹ごし豆腐:1丁
青ねぎ(小口切り):適量

【生姜あん】
水:100ml
めんつゆ(3倍濃縮):大さじ1
みりん:大さじ1
和風だしの素:小さじ1/2
水溶き片栗粉:適量
おろし生姜:適量

食欲がない朝食にぴったりな一品です。絹ごし豆腐のほんのり優しい甘みにピリッと刺激的な生姜あんの味が合わさって、まさに絶品♪胃の調子も良くなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です