腸内環境を整える3つの消化酵素

腸内環境を整える3つの消化酵素

体内でエネルギーをつくり胃腸の消化吸収を高める消化酵素(リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼ)についてご紹介します。

リパーゼ(脂肪分解酵素)

リパーゼとは胃液や膵臓(すいぞう)に多く含まれ、脂肪を「グリセリン」と「脂肪酸」に分解する酵素のことです。

“体脂肪の燃焼”と密接に関わる酵素で、平均体温より1~2℃上昇すると活性化します。リパーゼによって分解されたグリセリンや脂肪酸はエネルギーとして利用されます。

リパーゼを含む食べ物

大根、トマト、カリフラワー、セロリ、カボチャ、イチゴ、グレープフルーツ、いちじく etc…

アミラーゼ(炭水化物分解酵素)

アミラーゼは唾液や膵液(すいえき)に多く含まれ、白米やパンなどの炭水化物をブドウ糖やオリゴ糖、マルトースなどに分解します。

消化方法は「α-アミラーゼ、β-アミラーゼ」など、アミラーゼの種類によって異なります。尿アミラーゼ値や血清アミラーゼ値など、アミラーゼの数値を検査することで、健康状態を調べることができます。

アミラーゼを含む食べ物

キャベツ、じゃがいも、ショウガ、ナス、パプリカ、梨、バナナ、キウイ、パイナップル etc…

プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

プロテアーゼとはタンパク質を分解する酵素のことです。

胃に存在している消化酵素「ペプシン」やすい臓から分泌される消化酵素「トリプシン」、すい液中に含まれる消化酵素「キモトリプシン」などは、プロテアーゼのカテゴリに分類されます。胃もたれや胸焼けを予防する働きがあると言われ、胃腸の調子を健康に整える効果が期待されています。

また、化粧品や洗剤の成分としても活用されています。プロテアーゼは、納豆や醤油、味噌を製造する時の麹菌や、植物などに多く含まれています。

プロテアーゼを含む食べ物

納豆菌、麹、パイナップル、イチジク、パパイヤ、キウイ etc…

 

まとめ

食べたものを、体内に吸収しやすいように細かく分解するのが消化酵素の役割です。分解する栄養素によって、「リパーゼ(脂肪分解酵素)」「アミラーゼ(炭水化物分解酵素)」「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」3種類の消化酵素に分類されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です