豆腐と栄養・健康

豆腐の栄養と健康について

昔から豆腐は精進料理として僧侶の主食として受け継がれ、豆腐を食べていた人に長寿者が多いことから、長寿食として有名でした。最近では某フード研究所の調査により、豆腐には良質で極めて高濃度のタンパク質が含まれていることが発見されました。美容・健康の面ではまさに魔法のような食品と言われています。

最近ではガンや糖尿病・動脈硬化・高血圧・心臓病・成人病・メタボリックといった生活習慣病が増加している背景に、病気の発症リスクの軽減や回復、健康維持に有効と注目を浴びています。豆腐に含まれる成分には、さまざまな効果があると続々と解明されており、豆腐は長い歴史をもつ最新の健康食品と言えるでしょう。

豆腐は抜群の消化吸収を誇る!

大豆は消化吸収があまり良くない食材というイメージがありますが、豆腐に変わると、消化吸収率は極めて高いものとなり、全体の約90~99%が胃に消化吸収されることが分かっています。豆腐は、大豆がもつ「高タンパク質」と「脂肪分」を遊離して、消化の悪い繊維を取り除いて固めたものであり、まさに良いとこどりの消化吸収抜群の魔法食材といえます。栄養価に優れているのの消化の悪い大豆を、消化吸収の良い食材へと加工したのが「豆腐」なのです。一般の人はもちろん、医者や料理研究が健康維持のために食したり、病人食・老人食・離乳食として病院や介護の現場で大活躍しています。

良質なタンパク質と脂質

人の体は「タンパク質、糖質(炭水化物)、脂質」の3つの栄養を中心につくられており、豆腐は健康な体をつくる良質な夕ンパク質と脂質に豊富に含んでいます。豆腐はほとんどが水分で構成されており、豆腐に含まれるタンパク質は約5~6%程度ですが、水分を除くと約50%がタンパク質になります。

タンパク質は内臓、筋肉、皮膚、血液、髪、骨などの体細胞や組織をつくる重要な材料となります。豆腐は高タンパク質な上に、栄養価が非常に高く、健康で大きな体づくりには欠かせない食べ物になります。

タンパク質は体内に消化吸収されると、アミノ酸に分解され、細胞や内臓器官に行き渡ります。「8種類の必須アミノ酸」をバランス良く含んでいるか否かで体内の健康状態が決まります。

植物性タンパク質は「必須アミノ酸」が低い野に対して、「動物性タンパク質」は必須アミノ酸の量が多く、健康促進のために積極的に摂るべきとされています。大豆に含まれる「豆腐夕ンパク質」は動物性タンパク質に極めて近い構成であり、とても良質なタンパク質と言われています。肉類に含まれるタンパク質は栄養価が高い反面、コレステロールを含みメタボリックの原因になります。一方で豆腐タンパクにはコレステロールそれを下げる効果があり「機能性食品」として魔法食材として推奨されています。

“豆腐と栄養・健康” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です