プロテインを飲めない人が、栄養不足を補う方法

プロテインだけが太る方法ではない

プロテインは手軽に太る方法として、とても優れています。たんぱく質を多分に含み、目的に合わせて利用できる商品が多数発売されていることからも、筋肉増強を目指す人や、太りたい人にとっても身近な栄養源と言えるでしょう。

しかし中にはプロテインの味が苦手だったり、どうしても飲めない人が存在します。太りたい場合にも有効な商品ではありますが、飲めない場合にはほかの方法を代用として試してみることをおすすめします。たとえば通常の食事に栄養のあるメニューをプラスすることで、カロリーを上げ、不足要素を足していくことができます。卵やバナナ、牛乳など、栄養価の高い食材や、酵素などのサプリメントを好みに合わせて加えるだけでも、理想的な体系を目指す手助けになります。

タンパク質の摂取は健康的に太るために必要ではあります。しかし無理をして続けては、心身ともに負担を感じるようになってしまうでしょう。体質などの問題もあるため、自分にとって最も良い方法を見つけることが大切です。

プロテインは牛乳で割る

牛乳

一般的にプロテインは水分で割って飲みます。フレーバーにもよりますが、水で割って飲んでいるという人も多いかもしれません。確かに水ならばペットボトルに入ったものが手軽に入手できますし、手先やジムでも飲むことができるでしょう。しかしせっかくの栄養をさらに高めたいと思うのならば、牛乳で割って飲む方法がおすすめです。

牛乳にはカルシウムなどの栄養素が多分に含まれます。水だけで飲んだ場合と比較すると、身体への吸収もゆっくりとなり、就寝前に飲むにも向いた方法となります。栄養素をプラスして飲み、筋肉の増強を助けたい、または少しでも太りたい場合には向いた方法です。フレーバーの甘味が強くなりますが、この点については甘くなったほうがいいという人も多いため、好みによります。

何で割るかは好みによるものの、何を目的にしてプロテインを飲むかによっても変わってくるはずです。自分にとってしっくりくる割り方を試してみてください。

栄養吸収には酵素が不可欠

太りたい人にとって一番の問題は、なかなか影響が吸収できないという点ではないでしょうか。きちんと食事をとっているのになかなか太れないという場合には、自分の体がきちんと食事を取り込んでいるか、取り込める要素を見逃していないかなどを見直してみましょう。

食事として体に取り込んだ食品は、消化酵素によって分解されます。飲みこんだものにまず必要なのは分解で、栄養として体が受け取れるのはそのあとになります。太れない体質を持つ人の多くは、この消化酵素の働きが弱く、取り込んだ食事をそもそも分解できないのです。分解されない食事は栄養とならず、それどころか下痢や腹痛などの痛みとして影響する可能性もあります。

食欲がなくて食べられないから太れないという人もいるでしょう。しかし食べているのに太れないという場合には、きちんと体内で分解が行われていない可能性が高くなります。分解を助けてくれるサプリメントなどを利用することで、健全な太り方を目指せます。

「摂取カロリー>消費カロリー」にする

せっかく頑張って食事をしたのに、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くては太れません。太りたい場合には、まずはカロリーのバランス調整を行います。一般的には、カロリーを多く摂取し、消費しなければ体は自然に太っていきます。痩せタイプの人の場合は摂取カロリーよりも消費カロリーが大きいのが問題です。

自分が一日、どれぐらいのカロリーを摂取するか点検してみて下さい。自分では食べているつもりでも案外食べていなかったり、カロリーが少ない食品ばかりを好んで食べているかもしれません。摂取したカロリーが消費した分を上回るように心がけてください。

しかしカロリーならば何でも良いというものではなく、やはり栄養素をしっかりと含んだ食事を取りたいものです。バランスの良く栄養を含み、体の中で分解がしやすく、体が吸収しやすい食事を目指すことが一番のポイントとなるでしょう。しかりとした食事メニューを続けていくうちに、ふっくらとしたシルエットへと変わっていきます。

キレイに太るために筋トレをする

筋トレ

ひたすらに摂取カロリーを増やし、消費カロリーを抑えていけば、やがて体にはお肉がついていきます。太ることだけが目的ならば、最初のうちはとにかく体重が増えたこと自体に喜びを感じます。しかししばらくして落ち着いてみたらどうでしょうか。自分の体のあちこちについた贅肉を、悲しく思うかもしれません。

そんなことにならないように、キレイに太るための努力が必要です。食事や生活の改善と併せて、筋トレを行うことおすすめします。筋肉をつけることによって体全体のバランスが良くなり、健康的なシルエットへと生まれ変わることができます。

筋肉をつけることは、体力をつけることにも繋がります。なかなか太れず、体力がない人の特徴は、筋肉の少なさにもあります。筋トレは筋肉をつけるだけではなく、じっくりと運動を行うことによって、体質自体を少しずつ良い方法へと変えていってくれるでしょう。後々になって後悔しないためにも、早い段階から筋肉をつけつつ、美しい体を目指すのが理想です。

消化酵素の働きと基礎代謝UPの関係

基礎代謝が促進されると、運動していない時の消費エネルギー量が増加し、太りにくくなると考えられています。逆に太れない人は酵素の力で胃の吸収力が高まり、健康的で太りやすい体になります。

基礎代謝による1日の消費エネルギーは約60%以上

人間の体は、何もせず体をじっと動かさずにいるときでも、脳が働き、呼吸をしたり、体温を調整したりと、生きるために色々な活動が行われています。

生命維持の活動で消耗される必要最低限のエネルギー消費のことを「基礎代謝」と呼びます。1日のエネルギー消費のうち、基礎代謝によるエネルギー消費量は、なんと全体の60%を占めます。一方で、運動・トレーニングよるエネルギー消費量は30%程度です。つまり基礎代謝が上がれば、トレーニングをしていなくてもエネルギー消費量が増え、結果太りにくい体がつくられます。

代謝アップと抗酸化性

酵素には食品の栄養効率を高めたり、食べたものを効率よく体に吸収しやすくする働きがあります。特に発酵させた酵素食品は、抗酸化性がより向上すると言われており、活性酸素を不活化することができます。すると細胞が保護され、エネルギー産生が効率的に行われ、その結果、代謝UPが期待できるわけです。

痩せ気味にこそ酵素は万能薬!

酵素を摂る事で基礎代謝がUPし、痩せやすい体になるのではないかと、痩せ気味の人には向かないように思われますが、実は痩せ気味の人こそ酵素を積極的に取り入れて欲しいのです。

痩せている人は胃腸が弱り、食べたものが体に吸収されないため、太れないのです。酵素は胃の調子を整えて食べた栄養を効率的に体に吸収できるようになるため、虚弱体質で悩むひとは、まず酵素をしっかり摂るようにしましょう。

免疫力もつき、風邪をひきにくく、血色も良くなります。

人より食べてるのに太れない・・・そんな痩せ気味で悩んでいる人は、酵素を摂ることが健康維持には欠かせません。忙しい現代人は朝昼晩、酵素料理を作るのは厳しいと思います。そこで酵素サプリを飲み、必要な消化酵素を摂取し、健康的な体をつくることが理想です。

消化吸収力を高める酵素サプリは国産無添加品で品質の高いものを選ぶことが大切です!

海外のサプリメントは、添加物が多い、配合量が日本人には多すぎる、信用できないといったデメリットがあります。そのため信用性の高い「国産」のサプリメントを選ぶようにしましょう。

体に悪い成分が入っていない「無添加」のサプリメントを選ぶようにしましょう。

太るためには食事から栄養吸収することが大切です。「消化酵素」「亜鉛」「酵母」を摂取し、消化吸収率を高め、食事から効率的に栄養吸収しましょう

参照:https://weight-up.com/supplement

太るサプリ おすすめランキング
上記のブログ「太るサプリメントの選び方とおすすめランキングBEST3」では、太るサプリメントの選び方からおすすめの太るサプリが紹介されています!太るためには消化酵素だけでなく、亜鉛や酵母などの栄養も大切です!

腸内環境を整える3つの消化酵素

体内でエネルギーをつくり胃腸の消化吸収を高める消化酵素(リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼ)についてご紹介します。

リパーゼ(脂肪分解酵素)

リパーゼとは胃液や膵臓(すいぞう)に多く含まれ、脂肪を「グリセリン」と「脂肪酸」に分解する酵素のことです。

“体脂肪の燃焼”と密接に関わる酵素で、平均体温より1~2℃上昇すると活性化します。リパーゼによって分解されたグリセリンや脂肪酸はエネルギーとして利用されます。

リパーゼを含む食べ物

大根、トマト、カリフラワー、セロリ、カボチャ、イチゴ、グレープフルーツ、いちじく etc…

アミラーゼ(炭水化物分解酵素)

アミラーゼは唾液や膵液(すいえき)に多く含まれ、白米やパンなどの炭水化物をブドウ糖やオリゴ糖、マルトースなどに分解します。

消化方法は「α-アミラーゼ、β-アミラーゼ」など、アミラーゼの種類によって異なります。尿アミラーゼ値や血清アミラーゼ値など、アミラーゼの数値を検査することで、健康状態を調べることができます。

アミラーゼを含む食べ物

キャベツ、じゃがいも、ショウガ、ナス、パプリカ、梨、バナナ、キウイ、パイナップル etc…

プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

プロテアーゼとはタンパク質を分解する酵素のことです。

胃に存在している消化酵素「ペプシン」やすい臓から分泌される消化酵素「トリプシン」、すい液中に含まれる消化酵素「キモトリプシン」などは、プロテアーゼのカテゴリに分類されます。胃もたれや胸焼けを予防する働きがあると言われ、胃腸の調子を健康に整える効果が期待されています。

また、化粧品や洗剤の成分としても活用されています。プロテアーゼは、納豆や醤油、味噌を製造する時の麹菌や、植物などに多く含まれています。

プロテアーゼを含む食べ物

納豆菌、麹、パイナップル、イチジク、パパイヤ、キウイ etc…

 

まとめ

食べたものを、体内に吸収しやすいように細かく分解するのが消化酵素の役割です。分解する栄養素によって、「リパーゼ(脂肪分解酵素)」「アミラーゼ(炭水化物分解酵素)」「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」3種類の消化酵素に分類されます。

胃の消化吸収を高める「豆腐料理」

ここでは胃の消化吸収を高めて、栄養をしっかり体に吸収するための「豆腐料理」を紹介します。

冷奴

豆腐は醤油をかけて生で食べるのが美味!本物のうまい豆腐は、何も付けずにそのままでも美味しいと言われてますが、豆腐の代表的な食べ方は醤油をたらし「冷奴」で食べるのがおすすめです!

煮豆腐

おでんや味噌汁、鍋物に入れて煮豆腐として食べるのも美味です。肉豆腐など豆腐料理は煮て食べるものが多いですが、中でも、油揚げや生揚げ、がんもどきなどは「煮物」の代表ともいえます。

焼豆腐

豆腐に焼き色を付けて、味噌だれを付けて食べるのはまさに絶品です。木の芽をのせて食べる「木の芽田楽」郷土料理としても有名ですが、昨今ではあまり見かけなくなりました。最近のレシピでは、生姜の厚揚げ焼き、豆腐グラタンといった間接的にオーブンで焼く料理が人気です。

鍋に入れる

豆腐の最も代表的な食べ方は「湯豆腐」ですが、鍋物には豆腐は定番の食材でしょう!鍋用の豆腐食材はスーパーでも良く見かけます。

揚げ豆腐

油で揚げた豆腐料理には「油揚げ、生揚げ、がんもどき」が有名です。豆腐は揚げても本当に美味しくいただける万能食材です。本場中国料理では揚げだし豆腐として調理されることが多いです。

クックパッドで人気の豆腐料理

クックパッドで特に人気の高い豆腐料理は「冷奴~しば漬け×麺つゆワサビ~」です。やはり豆腐は生で頂くのが絶品♪

画像出典:https://cookpad.com/recipe/2829875

つくり方はいたってカンタン!

材料

豆腐:200~300g
しば漬け:適量
★めんつゆ:大さじ1~
★わさびチューブ:適量

調理方法

【ステップ1】
★を混ぜ合わせてタレを作る。

【ステップ2】
豆腐に1のタレを回しがけ、しば漬けをそえたら出来上がり。

え、これだけ?と思われるかもしれませんが、本当に絶品です。ぜひ皆さんもご賞味あれ。

朝食の一品には「絹ごし豆腐の生姜あんかけ」

画像出典:img.cpcdn.com

材料

絹ごし豆腐:1丁
青ねぎ(小口切り):適量

【生姜あん】
水:100ml
めんつゆ(3倍濃縮):大さじ1
みりん:大さじ1
和風だしの素:小さじ1/2
水溶き片栗粉:適量
おろし生姜:適量

食欲がない朝食にぴったりな一品です。絹ごし豆腐のほんのり優しい甘みにピリッと刺激的な生姜あんの味が合わさって、まさに絶品♪胃の調子も良くなります!

胃の調子を整えるには「豆腐」が一番!

痩せ気味の人は、胃が弱っており、食べたものがしっかり吸収できないことがあります。そのため栄養不足に陥りあらゆる健康被害を招きます。

胃に優しい「消化酵素」を含む食べ物

胃の調子を整えるには酵素の多い食べ物・食品を食べることが大切です。以下は消化酵素を含む食材です。毎日の食事で食べることで冷え性の改善や下痢や便秘といったお腹の調子を整えてくれます。

キウイ

キウイにはタンパク質を分解して吸収しやすくしてくれる「酵素」が豊富に含まれています。

パイナップル

パイナップルにはタンパク質を分解する酵素だけでなく、食物繊維が豊富です。

バナナ

バナナは消化吸収が高いと言われ、デンプンを分解する「酵素」が豊富に含まれています。

大根

大根はデンプンの分解を促進する「酵素」を豊富に含み健康食材の代表です。大根おろしにして食べることで、より体内に摂取されやすくなります。

アボガド

アボガドには脂肪を分解する「酵素」を多く含んでおり、食べることで肥満体・メタボリックを解消する効果が期待できます。

ニンジン

ニンジンにはベータカロテンが多く含まれ、活性酵素を抑制する効果が期待できます。体内に入ると必要に応じてビタミンAに変わり、皮膚や体の粘膜、免疫機能を回復するなど、健康促進にあらゆる効果を発揮します。

大豆

大豆食品である「納豆や豆腐」には酵素が豊富に含まれています。大豆工房では豆腐は魔法食材と呈しており、消化機能の促進に大きな効果があると期待しています。味噌汁やおかずとして毎食豆腐料理を取り入れることをおすすめします。

豆腐のビタミンには美肌効果もあり!

豆腐は熱を加えてつくりますが、大豆に含まれるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシンを受け継いでいます。ビタミンEには血行促進する作用があり、アンチエイジングや、腰痛・肩こり解消に効果があります。また活性酸素や脂肪が酸化するのを抑制し、ガンや生活習慣病を予防する効果があることが研究から明らかになっています。ビタミンB群は健康な皮膚や粘膜を生成する、ナイアシンは胃腸の調子を整える効果があるのです。

 

豆腐と栄養・健康

豆腐の栄養と健康について

昔から豆腐は精進料理として僧侶の主食として受け継がれ、豆腐を食べていた人に長寿者が多いことから、長寿食として有名でした。最近では某フード研究所の調査により、豆腐には良質で極めて高濃度のタンパク質が含まれていることが発見されました。美容・健康の面ではまさに魔法のような食品と言われています。

最近ではガンや糖尿病・動脈硬化・高血圧・心臓病・成人病・メタボリックといった生活習慣病が増加している背景に、病気の発症リスクの軽減や回復、健康維持に有効と注目を浴びています。豆腐に含まれる成分には、さまざまな効果があると続々と解明されており、豆腐は長い歴史をもつ最新の健康食品と言えるでしょう。

豆腐は抜群の消化吸収を誇る!

大豆は消化吸収があまり良くない食材というイメージがありますが、豆腐に変わると、消化吸収率は極めて高いものとなり、全体の約90~99%が胃に消化吸収されることが分かっています。豆腐は、大豆がもつ「高タンパク質」と「脂肪分」を遊離して、消化の悪い繊維を取り除いて固めたものであり、まさに良いとこどりの消化吸収抜群の魔法食材といえます。栄養価に優れているのの消化の悪い大豆を、消化吸収の良い食材へと加工したのが「豆腐」なのです。一般の人はもちろん、医者や料理研究が健康維持のために食したり、病人食・老人食・離乳食として病院や介護の現場で大活躍しています。

良質なタンパク質と脂質

人の体は「タンパク質、糖質(炭水化物)、脂質」の3つの栄養を中心につくられており、豆腐は健康な体をつくる良質な夕ンパク質と脂質に豊富に含んでいます。豆腐はほとんどが水分で構成されており、豆腐に含まれるタンパク質は約5~6%程度ですが、水分を除くと約50%がタンパク質になります。

タンパク質は内臓、筋肉、皮膚、血液、髪、骨などの体細胞や組織をつくる重要な材料となります。豆腐は高タンパク質な上に、栄養価が非常に高く、健康で大きな体づくりには欠かせない食べ物になります。

タンパク質は体内に消化吸収されると、アミノ酸に分解され、細胞や内臓器官に行き渡ります。「8種類の必須アミノ酸」をバランス良く含んでいるか否かで体内の健康状態が決まります。

植物性タンパク質は「必須アミノ酸」が低い野に対して、「動物性タンパク質」は必須アミノ酸の量が多く、健康促進のために積極的に摂るべきとされています。大豆に含まれる「豆腐夕ンパク質」は動物性タンパク質に極めて近い構成であり、とても良質なタンパク質と言われています。肉類に含まれるタンパク質は栄養価が高い反面、コレステロールを含みメタボリックの原因になります。一方で豆腐タンパクにはコレステロールそれを下げる効果があり「機能性食品」として魔法食材として推奨されています。